ブロッコリーのおひたし

ブロッコリーのおひたし

ビタミンとミネラルがたっぷりで、日本でも人気の高い緑黄色野菜です。

原産地は地中海沿岸で、大きなつぼみを食用とします。日本の食卓にのぼるようになったのは、1980年代に入ってから。意外に最近のことです。

栄養たっぷりです。ベータカロテンや鉄分をたくさん含んでいますし、便秘解消に役立つ食物繊維も豊富。100g中になんと4~5g。コレステロールを排出したり、動脈硬化を防いだりする働きがあるのです。

キャベツの仲間ですから、美肌のビタミンとして知られるビタミンCとEが多く、女性にはうれしいですね。ビタミンU(通称、キャベジン)は胃を丈夫にして、消化を手助けしてくれます。

今日は、こんな栄養満点のブロッコリーを一番おいしくいただける(とわたしが思う)メニューをご紹介します。

ブロッコリーを調理する際にご注意いただきたいのは、

  • ビタミンの損失を抑えるため、短時間でゆであげる
  • ゆであがってからは、水にさらさない

この2つ。水にさらすと、風味ががくんと落ちますからね。

そうそう、茎の部分を捨ててしまう方がたまにいらっしゃいますが、食べられますよ。外側の硬い部分を包丁でそぎ落とし、板状にカットとすると、つぼみよりおいしいくらい。うちの娘は、茎のほうがお気に入り。栄養も茎のほうが多いのです。

お手軽なレシピですから、便秘の妊婦さんだけでなく、ひとり暮らしの学生さんなんかにもおすすめですよ。

【スポンサードリンク】

材料メモ

ブロッコリー3株、お塩ひとつまみ、かつお節、めんつゆ

つくり方
  1. お鍋にたっぷりの水を張り、火にかけます。
  2. 沸騰したら、お塩を入れ、カットしたブロッコリーを投入。
  3. 強火で2分間ゆでたら、ざるにあげます。
  4. このとき、水で洗わないでくださいね。
  5. 熱々のブロッコリーにかつお節をのせ、めんつゆをかけます。
  6. 温かいうちにいただくと、じつに美味なのです (-_-)

うんちく

ブロッコリーの別名はミドリハナヤサイ。なんとも直球(笑)。初めて聞いたとき、そのネーミングセンス! とHIYOKOはつっこんでしまいました。

ブロッコリーは、カリフラワーの原種です。原産国イタリアではブロッコリーもカリフラワーも区別せず、同じお野菜として食するそうです。緑色のもこもことしたつぼみは、「花蕾(からい)」というそうです。ミドリハナではありませんよ。うふ。

レシピをもっとみる



PICKUP! おすすめの記事♪
便秘解消法妊娠中の便秘解消に確実に効果のある7つの方法
食事の注意点、便秘に効く体操と運動、ツボ、ストレス対策などなど。ガンコな便秘がすぐに雲散霧消する裏技も紹介。くすりと笑って、ちょっと元気になっていただける記事(๑′ᴗ‵๑) もっとくわしくアイコン
ヨーグルトの食べ方と選び方意外に知らないヨーグルトの食べ方、選び方
ヨーグルトはどうして便秘にいいの? 人によって効果に差があるのはなぜ? 正しい食べ方は? ブルガリア、ビフィダス、カスピ海、アロエ、ダノン……どれがいい? おいしいレシピもご紹介♪ もっとくわしくアイコン
乳酸菌革命1000億個の乳酸菌がドーン!
HIYOKOは、昔から頑固な便秘に苦しめられてきたのですが、乳酸菌革命で、スムーズなお通じをあっさりとりもどしました。その体験をつづっています。このサプリの魅力もていねいに解説していきます♪ もっとくわしくアイコン
ニキビと肌荒れの治し方肌荒れやにきび、こんなに簡単に治るのか!?
ご存知ですか? 肌荒れやニキビ、吹き出物は恐るるに足らず。高価な化粧品なんてもういりません。自分磨きのために好き放題お金を使える独身女性たちに負けじと輝く方法がこちら٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ もっとくわしくアイコン
便秘速攻解消便秘を即効で解消する奥の手
このブログでご紹介している便秘解消法で、普通の便秘なら尻尾を巻いて逃げだすことでしょう。ただひとつだけ難点が。即効性がありません。1~2週間はかかります。「待てない!」という方に、とっておきの秘策をご紹介(^-^)v もっとくわしくアイコン

☑ この記事もよく読まれています。

  • 切り干しだいこん切り干しだいこん 切り干しだいこんは、うちの娘の大好物。今夜も、水戻しした切り干しを炒め […]
  • さといもの煮っころがしさといもの煮っころがし さといもはおいもの仲間。主成分はでんぷんです。炭水化物中心の食べ物です […]
  • 白菜の中華煮白菜の中華煮 白菜は冬の味覚。わが家ではこの時期になると毎週末、大きい白菜をまるごと […]
  • ほうれん草炒めほうれん草炒め ほうれん草はもともと高級野菜。明治時代までは庶民の手が届くお野菜ではな […]
  • きのこたっぷりのおそばきのこたっぷりのおそば おそばはとても丈夫な作物です。 稲作に適さない寒い土地ややせた土 […]

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です