さといもの煮っころがし

さといもの煮っころがし

さといもはおいもの仲間。主成分はでんぷんです。炭水化物中心の食べ物です。

ところが、さつまいもなどとくらべると、100gあたりのカロリーは60kcal程度(さつまいもは132kcal)と少なく、糖質をエネルギーに変えるためのビタミンB1や、便秘の解消や肥満防止に役立つ食物繊維をたくさん含みますから、妊娠中でもカロリーをさほど気にせずいただくことができるのです。

また、いも類のなかで、もっともカリウムの含有量が多いのも特徴です。妊婦さん特有のむくみを予防する働きも期待できますね。

ちなみに、特有のぬめりは、ガラクタンという成分で、多糖類とたんぱく質と水溶性食物繊維がいっしょになったものです。便秘に効果大ですし、胃腸や肝臓を守ったり、老化やぼけ予防にもなるのです。

【スポンサードリンク】

材料メモ

さといも10個、だし汁200cc、お砂糖大さじ1杯、おしょうゆ大さじ2~3杯、みりん大さじ1杯

つくり方
  1. 包丁の背を使って、さといもの皮をむき、水で洗い、ひと口大に切ります。
  2. お鍋にさといもとだし汁、お砂糖、みりんを入れて、火にかけます。
  3. 沸騰したら中火にし、落としぶたをして、10分ほど煮ます。
  4. ふたをとって、味の染みこみ加減を見ながら、お好みのやわらかさまで煮詰めていきます。
  5. 味見して、よければできあがりです。

うんちく

山でとれるおいもは「やまいも」で、人里でとれるおいもは「さといも」。語源はこういうことのようです。

でも、それなら、さつまいももじゃがいもも「さといも」ではないのだろう、と思うのは、あまのじゃくのHIYOKOだけでしょうか。

「さといもはぬめりを落としてから料理してね。塩もみして、お湯で5分ほど下ゆでするといいの」と妊娠中、家事を手伝いにきてくれた義母に注意されたことがありますが、HIYOKOはさといもの下ごしらえをしない主義です。

あまのじゃくだからではありません。ぬめぬめが妊婦の便秘を解消してくれたからです。

レシピをもっとみる



PICKUP! おすすめの記事♪
便秘解消法妊娠中の便秘解消に確実に効果のある7つの方法
食事の注意点、便秘に効く体操と運動、ツボ、ストレス対策などなど。ガンコな便秘がすぐに雲散霧消する裏技も紹介。くすりと笑って、ちょっと元気になっていただける記事(๑′ᴗ‵๑) もっとくわしくアイコン
ヨーグルトの食べ方と選び方意外に知らないヨーグルトの食べ方、選び方
ヨーグルトはどうして便秘にいいの? 人によって効果に差があるのはなぜ? 正しい食べ方は? ブルガリア、ビフィダス、カスピ海、アロエ、ダノン……どれがいい? おいしいレシピもご紹介♪ もっとくわしくアイコン
乳酸菌革命1000億個の乳酸菌がドーン!
HIYOKOは、昔から頑固な便秘に苦しめられてきたのですが、乳酸菌革命で、スムーズなお通じをあっさりとりもどしました。その体験をつづっています。このサプリの魅力もていねいに解説していきます♪ もっとくわしくアイコン
ニキビと肌荒れの治し方肌荒れやにきび、こんなに簡単に治るのか!?
ご存知ですか? 肌荒れやニキビ、吹き出物は恐るるに足らず。高価な化粧品なんてもういりません。自分磨きのために好き放題お金を使える独身女性たちに負けじと輝く方法がこちら٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ もっとくわしくアイコン
便秘速攻解消便秘を即効で解消する奥の手
このブログでご紹介している便秘解消法で、普通の便秘なら尻尾を巻いて逃げだすことでしょう。ただひとつだけ難点が。即効性がありません。1~2週間はかかります。「待てない!」という方に、とっておきの秘策をご紹介(^-^)v もっとくわしくアイコン

☑ この記事もよく読まれています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です